株の初心者が株式投資で稼ぐ為のサイト

リスク管理こそ一番の仕事A

前回の記事から続きます。

 

これ、一回の負けで資金を飛ばしてしまってますね。

 

3回の取引で積み上げてきた勝ちの金額をたった一回の負けで0どころかマイナスにしてしまってます。

 

こういう行為が資金の少ない個人投資家にとっては致命的になります。

 

この例の内容では投資元本である100円を割り込んでいる、つまり元本割れしてしまってますね。

 

何やってるんだか、といった感じです。

 

 

 

 

リターンから入ると負けに対応できなくなる

例えば最初に「A銘柄の取引で100万円の資金を130万円に増やしたい」と考えたと仮定します。

 

その時の考え方として上記の「130万円に増やしたい」だけでは正直片手落ちになります。

 

じゃあどうするか、という事なんですが、まず確実に言えるのは

 

「株式投資の世界で個人投資家がリターンから取引を組み立てると上手くいかなくなる」

 

という事です。

 

ここはしっかり認識しましょう。

 

どうしてか。

 

上記の考え方ですと「増やす」というところしか考え方に無い訳です。

 

じゃあ株価が自分の思惑と外れたらどうなるか。つまり「この株価が下がったらどうなるか」という想定が全くなされてません。

 

ここが問題なわけです。

 

これでもしこの銘柄の株価が実際に下がりだした場合にどうなるか?

 

「あれ? おかしいな?」「もう少し様子見しよう。」となり出します。

 

この考え方が「ちょっと株でもやろうと思う人達が上手くいかない典型的な例」になります。

 

 

 

リスクが具現化すると追い詰められる

「100万円で株を買い、30万円増やしたい」と考えて株式投資を行い、その状態で株価が下がっている、株式投資初心者のあなたはこの状態を目の当たりにしてどう思いますか。

 

おそらく焦るのではないでしょうか。

 

「どうしよう…」「まずい…」「どこまで下がる…?」「止まってくれー」

 

特に株式投資の経験自体が少ないとこんな感じに陥るのではないでしょうか?

 

ここで大事なのは「ルールを決めておかないと人は動けない」という事です。

 

自分が買った株が利益が出ている時は人は精神的に楽ですよね。

 

「どこまで上がるかなあ」「上がったら売って何かいいもの買いたいなあ」となります。ワクワクしますね。

 

ただ株価が下がる場合というのは自分の手持ち資金の額面が下がっている訳です。

 

追い詰められている状態です。

 

株式投資の経験自体が少ない人がこんな状態の時に果たして正常な判断を下せるか、という事になります。

 

つまり「ルールでリスク管理する=手持ちの資金がいくら減ったらその銘柄の損切り=ロスカットを行ってその銘柄から撤退する。」事を徹底するのが一番大事になります。

 

リスクとは恐怖です。

 

自分の手持ちのキャッシュがどんどん溶けてなくなっていく恐怖、自分が労働の結果得た給料の数日分、大きければ数か月分が一瞬にして消えてしまう恐怖です。

 

そこをきっちり管理することをまずは徹底しましょう。

 

 

リスク管理こそ一番の仕事Bへ続く