株の初心者が株で利益を出していく為のサイトです。

「株をやる」という事は

さて「株をやる」という事はどういう事でしょうか。

 

もう少し具体的に考えてみましょう。

 

 

資産を増やす3つのやり方

株をやろうとする人は絶対的な共通点があります。
それは「株によって自分の資産を増やす」という事ですね。
(この辺りは「ローソク足の正体とは?@」をご覧ください」)

 

よく「株を買う事でその会社を応援する」という方がみえますが、それも会社の業績が良くなればそれが株価に反映され、株価が上昇し、結果的に自分の資産の時価総額が上がる、という事で資産を増やすという事とイコールな訳です。

 

ではどういった方法によって資産を増やしていきましょうか・

 

方法は大別すると3つあります。

 

1.購入してから売却する事による売却益を目指す方法。

 

株式会社の中には証券取引所にて取引が行われている株があります。(このことを「上場している」といいます。)
上場株式については証券取引所内にて取引が行われます。
その為に取引する為の値段=時価がついてます。これが「株価」です。
これはあくまで時価であり、株価は常に変動します。
ですので安い所で買って高い所で売ればその差額が利益になります。
これが「売却益」です。

 

2.購入してから売却せずに保持し続ける事による配当収入を目指す方法。
あなたがある企業の株を買ったとしましょう。
この時点であなたはその会社の「株主」となります。これ、すなわちその会社の「オーナー」になった事を意味します。
(もちろん他にもオーナーは存在する訳ですが。まあ一口馬主みたいなものですね。)
業績が良く、株主に対して還元する事を心がけている会社はある一定時点での株主に対して「配当」を行います。
利益を株主に還元する、という事ですね。
これが「配当収入」です。

 

3.購入してから売却せずに保持し続ける事による株主優待を目指す方法。
上記2と似たものが株主優待です。
自社商品や自社サービスを受ける権利等です。
金銭ではないケースが殆どですが、実際に生活の中で使用したり、換金化したりします。

 

どの会社の株を買えるの?へ続く