株の初心者が株で利益を出していく為のサイトです。

ネット証券と総合証券

よく「ネット証券」という言葉を耳にします。

 

これってどういう意味でしょうか。

 

ネット証券以外に証券会社があるのでしょうか。

 

 

 

 

ネット証券と総合証券の違い

一口に証券会社といっても「総合証券会社」「インターネット証券会社」に大別できます。

 

この「インターネット証券会社」がいわゆる「ネット証券」ですね。

 

 

総合証券会社(以下:総合証券)…証券4業務を行う証券会社を、総合証券といいます。

 

ここでいう4業務というのは

 

1…顧客の要望による株式の売買代行(ブローカー業務)

 

2…証券会社自体が株取引を行う自己売買(ディーラー業務)

 

3…企業が債券や株を発行する際にそのすべてを買い取って販売する業務(アンダーライティング業務)

 

4…新たに発行した株式を預かって募集・売り出しを行う(セリング業務)

 

これらすべてを行う証券会社です。

 

店舗とそれに付随する窓口があり、総合的なサービスを提供しているのが特徴です。

 

 

インターネット証券会社(以下:ネット証券)…インターネットでのブローカー業務(売買代行)のみを行う証券会社。

 

売買を全てインターネット上(一部電話もあり)で完結できます。
その分手数料の安さが売りです。

 

さて、総合証券とネット証券、あなたはどちらを選びますか。

 

選ぶ際に以下の3つの観点から選択してください。

 

 

@プロからのアドバイスを受けたいですか。

 

これがもしYESなら貴方は総合証券を選んでください。

 

総合証券は来客対応が出来る店舗窓口があり、そこには窓口で貴方に対応してくれる営業マンや事務の女性がおります。

 

そういった方に色々相談しながら自分がどんな株を買うか決める事が出来ます。

 

 

A株取引に関するコストを少しでも安くしたいですか。

 

これがもしYESなら貴方はネット証券を選んでください。

 

ネット証券は総合証券と違い固定店舗や窓口に係る営業マン等がいない分株を買う時のコスト(売買手数料)を抑える事が出来ます。

 

また営業マンから不要な株を売りつけられる事もありません。

 

 

Bあなたは1億円以上の資金で株を始めますか。

 

これがもしYESなら貴方は総合証券を選んでもいいかもしれません。

 

でもNOでしたらネット証券を選ぶべきです。

 

 

 

個人投資家が総合証券を選ぶ、という選択肢はあり得ない

 

正直私自身を含めた少額資金(数千万程度なら少額資金と考えてください)しか持ち合わせの無い個人投資家というのは総合証券会社の営業マンにとっては「うっとうしい小口の客」でしかありません。

 

総合証券会社の営業マンにとって「しっかり勉強している小口の個人投資家」程やっかいな存在はありません。

 

手数料は稼げない、そのくせなまじっか知識があるから営業マンの勧める(つまり自分達にとって都合のいい銘柄)ものを営業マンのいいなりで買わない。

 

向こうからすれば手間ばかりかかります。

 

また本当に有用な情報はもっと大口の顧客に流れます。まあ手数料の額が違いますから無理もないですが。

 

 

以上です。

 

まとめますと1億円以上の投資資金があり、かつ証券会社の営業マンに色々聞きながら株を買いたい、という事でしたら総合証券を、それ以外の方はネット証券を選択すべきかと思います。

 

株おやじがアドバイスするとしたら「ネット証券でやりなさい。」と声を大にして言いたいです。

 

 

 

トップへ戻る