株の初心者が株で利益を出していく為のサイトです。

立会時間って何?

株式市場が開いている時間を「立会時間」といいます。

 

(いわゆる証券取引所の「営業時間」ですね。)

 

当然ですがこの時間内でしか株取引が出来ません。

 

(夜間取引は除く)

 

この時間、しっかり覚えておきましょう。

 

立会時間と呼び方

国内の株式市場は4つの市場がある、という事を以前述べました。

 

それぞれの時間と呼び名をまとめてみました。

 

午前中の事を「前場」午後の事を「後場」一日の立会時間を総称して「ザラ場」と呼びます。

 

この中で東証の立会時間だけをしっかり覚えておきましょう。

 

ちなみに休日は土曜、日曜、祝日です。年始は1月4日に始まり(この日の事を大発会といいます)、年末は12月30日までです。(この日の事を大納会といいます。)

 

立会時間と値動きの特徴を覚えておこう

朝9時から11時30分が前場、12時30分から15時が後場です。

 

一般的に前場寄り付きで株価ははげしく動き、9時30分頃にはその日の方向性が決まってきます。

 

そうして落ち着きながら前場が終了します。

 

後場に寄り付くとまた株価は動き出しますが前場程激しくは動きません。

 

その後13時過ぎからは一日のうちで最も値動きの少ない時間帯となり、14時30分ごろからまた徐々に動き出します。

 

今日売ってしまうか、もう一日保持するか。今日買っておくかもう一日様子見か。色んな思惑が交差し、引け時間である15時までは激しく動きます。

 

そして15時に終了します。

 

立会時間と一連の流れ、しっかり覚えておきましょう。

 

 

株の値段の決まり方へ続く