株の初心者が株で利益を出していく為のサイトです。

ローソク足(陰線)

ローソク足で陽線のあとは陰線(いんせん)を見ていきましょう。

下降局面で出るのが陰線

ローソク足A陰線

 

四本値のうち始値(A)と終値(B)を比較して終値(B)の方が安いものが陰線です。

 

下降局面で出るケースが多いです。

 

作り方としては

 

.陽線とは逆で始値(A)を高い方の辺に、終値(B)を安い方の辺にして長方形の箱を書く。

 

.箱の中身は黒。

 

3.高い方の辺から高値(C)まで直線を引く。

 

4.底辺から安値まで直線を引く。

 

これが陰線です。

 

 

 

 

時系列としては以下の様になります。

 

 

ポイントとしては「陽線とは逆で始値と終値を比較して始値の方が高い」事です。

 

 

ローソク足(寄引同時線)へ続く。