株の初心者が株式投資で稼ぐ為のサイト

ネットバンキングとネット証券をリンクさせよう

資金を準備したら次にその資金を証券会社に入金しなければなりません。

 

その為にはネット証券の口座を開設し、そこにお金を入金しなければなりません。

 

(その辺りは前項をしっかり読んでください。)

 

株式投資を始めるにあたって株を買おうとしたら証券会社に自分の用意した資金を入金する必要が出てきます。

 

そこでご自分の銀行口座をネットバンキング対応にしてしまいましょう。

 

 

 

 

手間いらずで迅速な資金移動が可能

株式投資をする際、証券会社に関してはいわゆる「ネット証券」をつかって実際の株取引を行います。

 

ネット証券については改めて説明しますが、基本的に店舗がありません。

 

ですので例えば総合証券会社の様に店舗があって、そこにお金を持参する事が出来ません。

 

もっともネット証券でも当然に銀行口座はあるので銀行窓口で振り込む事は可能ですが、非常に手間がかかります。

 

また窓口と違い今はネットバンキングからのネット証券への入金はリアルタイムで行う事が出来ます。

 

入金してしまえばその場のその時間から取引が可能になる、ということですね。

 

自宅に居ながらにして銀行口座⇔証券口座間の迅速な資金移動が可能になります。

 

(ネット証券からネットバンキングへの資金移動は1日か2日かかりますが…。)

 

ですからネットバンキングに関しては是非利用して下さい。

 

セキュリティは万全に

「ネットバンキングはウィルスが怖い」という方がいます。

 

確かに怖いですね。

 

最近ではやれベネッ○の顧客情報問題やら年金データ流出問題やら、色んな所からパソコン、インターネット経由の情報流出漏えいがよく話題になります。

 

確かにそこだけをみると危険もありますが、だからこそそのリスク対策としてしっかりとウィルス対策を行いましょう。

 

どっちみちこれから先ネット証券で株式投資を行っていく訳ですので、パソコンは使わないといけなくなります。

 

ですのでこの際、パソコンでウィルス対策をしっかり行い、ネットバンキングも使いこなしましょう。

 

そうすると資金移動を行う際便利になるばかりではなく、パソコンリスク対策もばっちり出来る様になります。

 

資金を増やす準備をしておこうへ続く