株の初心者が株式投資で稼ぐ為のサイト

ファンダメンタル分析

株おやじは「テクニカル分析に特化せよ」と言い切ってます。

 

実際にファンダメンタル分析についてはさっぱり見てません。

 

ただファンダメンタル分析を否定している訳ではありません。「ファンダメンタル分析=×」ではなく「テクニカル>ファンダメンタル」です。(この辺りは何故テクニカル分析なのかを参照して下さい。)

ファンダメンタルをどう使うのか

株式投資というのが何を目的としているのか、いう事なんですが、結局「値上がりしそうな株を見つけてそこに投資したい」という事に尽きる訳です。

 

分析手法なんていうのは何でもよくて、究極的にはテクニカルであれ、ファンダメンタルファンダメンタルであれ値上がりしそうな銘柄を見つけられればいい訳です。

 

但しその分析手法上ファンダメンタル分析というのは今から株式投資を行おうとする株式投資初心者には難しすぎる、じゃあテクニカル分析しかないね、という事になる訳です。

 

何度も言いますがファンダメンタル否定、という事でなく、テクニカルの方が分かりやすいので、という事です。

 

ただ株式投資全般の分析方法としてファンダメンタル分析というのはかなり受け入れられているのも事実です。

 

株価というのは最終的にその銘柄を買う人が多ければ株価が上昇します。つまり最後は需給がものをいいます。

 

株価が上昇していく際にはとんでもない資金がどんどん入ってきます。

 

じゃあどんな株価が資金がどんどん入ってくるかというと、それはやはり人気のある銘柄です。

ファンダメンタルは人気投票として捉える

ここでいう「人気」ってなんでしょうか?

 

あなたは今から株式投資を行おうとする株式投資初心者です。

 

ただ初心者、ベテラン関係なくあなたがある銘柄に投資を行おうと思ったらどんな会社の株に投資をしたいですか?

 

・企業の業績が良い会社

 

・配当をたくさん出している会社

 

・社会貢献を行っている会社

 

・その業界のトップシェアを示す会社

 

・革新的な技術開発を行っている会社

 

等々、御自身で様々な事をイメージしてみて下さい。

 

もっというと自分が投資したくない会社ってどんな会社ですか?

 

・業績が長期間低迷している会社

 

・無配当な会社

 

・反社会的な営業活動を行っている会社

 

・業界シェア最下位の会社

 

・ブラック企業と呼ばれている会社

 

こんな会社にはみんな投資したくない訳です。

 

何故なら、個人投資家であれ機関投資家であれ投資家といわれている人達はみな「資本」を「投下」、つまりその会社へお金を入れる事でリターンを得る事を目的としている訳で、上記の様にパッと見でダメな会社というのはみんな投資したくないわけですよね。投資には常に色んなリスクがあるから。

 

じゃあ「多くの人達が投資したがる会社ってどんな会社かなあ」というイメージを持って、自分もそこに乗っかる、みたいな感じで乗っかっていけばいいわけです。

 

いわば「人気投票」的な感じで捉えればいいですね。

 

投資家に好まれそうな指標を集めておいて、それらの要素を多く持っている会社に投資をする。

 

それがファンダメンタルを使う場合の鉄則です。

 

 

ファンダメンタルを使う時の心構え@へ続く